« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

11/18@晴れ豆フライヤー

11/18@代官山 晴れたら空に豆まいてのフライヤーが
届きました。これは、個人的に本当に鼻血とまらんメンツ
のライブだ。
Haremame 僕はSaigenjiを日本の宝だと思っています。
数多くいるブラジルルーツのミュージシャンの中でも彼は
別格です。彼を観たあとは、他がニワカにみえちゃう。
人間国宝級です。
ステージみたらわかります。


そして、種ともこさん。憧れの女性。
今を知りたくてYOUTUBE観たら、美しさはそのままに、
少々ワイルドになっておられました。別の意味で鼻血です。


リクオ
さん、日本を代表するのピアノマン。
この人の神髄もライブでしょう。まさか共演できるとは思っ
てませんでした。


★2009年11月18日(水) @代官山 晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880

「Creamy Music」
[出演] ゲントウキ/Saigenji種ともこリクオ
[料金] 前売り3000円 当日3500円(共にドリンク代別途)
[開場] 18:00
[開演] 19:00
★予約受付開始9月20日(日)
電話 03−5456−8880
ゲントウキ予約ページ
晴れ豆HP左側チケット予約のコーナー
バンドセット



是非、来てください!!





|

2009年9月27日 (日)

ツイッター

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/gentouki
まだよくわかってませんが、よかったらフォローしてください。
タモさんのツイッターがかなりおもしろいです。
http://twitter.com/MoritaKazuyoshi



今日は仲のいいシンガーNANAMIEのバンド「日帰り旅行」
のワンマンライブを観に老舗ライブハウスJIROKICHIへ。

チャックレイニーがおしのびでくるというこのライブハウス、
本当に雰囲気がいい。
入った瞬間に、音楽を聴く準備ができる。

090926_21030002
日帰り旅行、まさかこんなロックなバンドだとは思っても
みなかったが、JIROKICHIの雰囲気とあいまって、普段は
飲まない酒が飲みたくなる。しかもウマい。

アンコールで歌ったNANAMIE作の「Slowly Smilin」
でジーンときてしまった。
毎日酒飲みにライブハウスいってるおっさんの気持ちが
わかった瞬間だった。

|

2009年9月24日 (木)

7thで蝶々むすび

KAO、掘下さゆりちゃん主催のイベント、蝶々むすび、
終了しました!
客の男性率高いかと思いきや、女性もたくさん、超満員の中、
歌わせていただき本当に光栄です。
KAOちゃん、さゆりちゃん、本当にありがとう。


実は2曲目のトップニュースを演奏中、ギターの弦で人差し指
を切ってしまって、流血しながら歌ってました。


けっこう痛くてあせったのですが、心頭滅却で
がんばって歌いました。
終盤は痛さに慣れ?気持ちよくやれましたよ。
自然のハンドクラップが起きたので、よいステージだった?と
思ってます。よかったでしょ??
P9226719_2
掘下さゆりちゃん作の「音楽」をみんなでセッションしました。
P9226763
流血真っ最中。
鍵盤を血だらけにしてしまいました。
090922_18360001

楽屋はクラブの控え室のようないいにおいがします。

しかし、KAOちゃんも、さゆりちゃんも本当にオリジナルな声、存在感バツグン。
女性シンガーソングライターって羨ましい。
以前も言ったことがありますが、キャロルキングや、
ローラニーロ、タニアマリア、荒井由美、大貫妙子、、、
僕の好きなシンガーソングライターってみんな女性なんですよね。


おまけにキュートなルックスも兼ね備えてるってなもんだ。
いいなあ。ww



客席にはイトケンが観にきてて、打ち上げで久々に飲んだ。
あいわらずの酔っぱらいっぷりで面白かったです。



|

2009年9月21日 (月)

阿倍野レモンの共演

行くまで知らなかったこと。
京都大会って元Yogrut-Poohの宮さんが経営しらっしゃる
ハコだったのです。どうりで居心地がいいわけだ。

このイベントは大会の1周年記念イベントで、5時くらいから
ぶっ続けで行われた。
ゆるいけど、確実にお客さんの心を掴むこの空気は独特。

S▲ILSは音楽性が180°変わっていて焦った。
中華服を身にまとい中国語でのMC。
曲も中華風。まず個性が一番なのは関西文化。
歯に衣きせぬ中村佑介のMCが炸裂していた。

2009092020260000
ゲントウキのステージで中村君に「Abeno-Music Abeno-Life」で急遽コーラスしてもらった。
彼のことを歌った歌なのに本人に歌わすなんてどうかと思うが、やってよかった。
阿倍野レモンの共演再び。京都やけど。
懐かしい大阪時代の話。ステージの上でできて嬉しかったなあ。


原田茶飯事くんのステージも相変わらず素晴らしかったし、
元たまの滝本さんも個性的。
090921_02240001

イベント後も、宮さんと、同期の関西発のバンドマン同士、
共通の友達のその後やライブ論などで、話し込んでしまった。
そのまま会場のソファで撃沈して朝。
090921_01260001 090921_02160001

本当に楽しかった。大会サイコーです。
明日は7th floorでKAOちゃん、掘下さゆりちゃんのイベントに出演します。もしかして当日券あるかも。


2009年9月22日(火・祝日) @7th Floor 03-3462-4466
KAO *堀下さゆりPresents “蝶々結びvol.2“
W / KAO堀下さゆりSCHOOL(アコースティックバージョン)
OPEN 18:30 / START 19:00
TICKET \2500(+1drink)

|

帰りの新幹線より

帰りの新幹線より
久々に飲みつぶれました…
それくらい楽しかった。
呼ばれた意味がわかるイベントは最高に幸せを感じる。
逆にそれだけでいい。


大会、雰囲気のいいバー的な空間に初期ファミコンやドラゴンボールのコミックが揃っている。
このいなたさが関西だ。
オープニングアクトの「なんだかしつれいしちゃう」というユニットはどこから見ても関西からしか生まれないユニットだ。
メンボーズの再来か?
中村くんともりあがった。

今は帰りの新幹線。
連休をなめてた。
6時だいから劇こみである。マクドもいっぱい。
また帰ったら書こう。
おやすみ糝

|

2009年9月20日 (日)

京都につきました!

京都につきました!
今日は京都の大会でライブです。
観光客と修学旅行生の数がスゴい。
新幹線も喫煙席しか空いてなくて体中ヤニくさいです。

こんな人だらけの日に修学旅行はかわいそうなんだけど、都会ではまず見ることない化石のごとく地味なつめいり&セーラー服にふきだしてしまった(ごめんなさい)

今からバス乗ります。

|

2009年9月19日 (土)

11月代官山であこがれの人たちと共演します

秋も深まってきました。
素晴らしいイベントに出演が決定しました。
個人的に鼻血とまらん豪華メンツのイベントです。

大好きな人たちばかりです。
競演は、Saigenji種ともこリクオ
音楽通はうなってくれると思います。
このメンツを同じ日に同じステージでリーズナブルな価格で
観れるってないと思います。
気合いはいります。


★2009年11月18日(水)@代官山 晴れたら空に豆まいて
Creamy Music
[出演] ゲントウキ/Saigenji種ともこリクオ
[料金] 前売り3000円 当日3500円(共にドリンク代別途)
[開場]  18:00
[開演]  19:00
★予約受付開始9月20日(日)
電話 03−5456−8880
 メール 晴れ豆HP左側チケット予約のコーナーより


僕は10代の頃、本気で種さんに恋してましたから。
昔、ローカル局の関西テレビで「夢の乱入者」という
渡辺香津美さんのセッション番組があったのですが。。。

※夢の乱入者
毎回国内外の豪華ミュージシャンがセッションを繰り広げる、今となっては本当に夢のような番組。
よっちゃんにCHARに小野リサからデヴィット・T・ウォーカー
まで出演。
地上波とは思えないマニアックで本格的な内容に感涙した
ものです。ああ、もう一度全部見たい。高校生に戻って。


そこで種さんはロジャーニコルス作のカーペンターズの名曲
「Rainydays and Mondays」を熱唱されていて、
その姿は本当に天使のようにかわいらしく、
録画したビデオをすり切れるくらい見ました。(あと「白いブランコ」も歌ってたました)
そして、ロジャニコからソフトロックへと音楽性がひろがっていったのです。


その種さんと共演できるなんて、
あの頃の僕に教えてあげたい。
ちなみにリクオさんも出演されてましたね。


それにしても、「Rainydays and Mondays」超名曲。
今聞いてもたった3分の間に何度も鳥肌が立つ。
世界で一番美しい曲だ。


!!
デヴィTの出演した時の映像見つけた!
客席で揺れてるショートカットの女性はおそらく
藤田朋子です。
すげー走馬灯のように思い出した!!
http://www.youtube.com/watch?v=59ILZnghVOY



|

2009年9月12日 (土)

続き

続くといいながらだいぶあいてしまいました。
音楽を担当させていただいた「「Long Caravan」の解説をちょいと。

笑いあり涙あり、サーファー達のロードムービー。
ありえなーい的おもしろおかしな5つのエピソードに主人公達がまきこまれるドタバタ劇。
主人公達の年齢設定が30歳ということもあり世代的にも共感できる部分がたぶんにありました。
僕はサーファーではありませんが。。。


僕は娯楽映画が好きなので、子供の頃に流行ったゴールデンハーヴェスト社の五福星シリーズを思い出しました。
主人公達の仲のよさと、ふって湧いて出てくるドタバタ劇への巻き込まれ具合にそう感じました。

三福星。違うか。。。(ジャッキー、サモハン、大好きです)
例えが全然ちがうかもしれませんが、おもろかったらええやんけ的な七高監督のユーモアセンスを感じます。


EXILE
ファンはもちろんのこと、そうでない方も娯楽映画として本当に面白いのでぜひぜひ映画館で見てください。
そして少しだけバックで流れる音楽に耳を傾けていただければ嬉しいです。

「Long Caravan」
監督:七高剛(「踊る大走査線The Movie」「海猿」)
出演者:松本利夫(EXILE)中村竜、松尾敏伸、藤本美貴、三船美佳、瀬下尚人、泉谷しげる、森下千里、川平慈英、ほか
主題歌:「One story」/AILI tanx to May J & KEN THE 390
製作 : LDHrhythm zoneOLM
公開日:2009年 10月
トレーラー映像





|

2009年9月 6日 (日)

映画音楽終えました

7月からとりかかっていた仕事が遂に終りました。
今日はマスタリングといって音楽制作の最終行程を行ってきました。
写真はチェック中の僕。僕がエンジニアをやってるわけではないですよ。
090905_194432

映画音楽を作っていました。
劇中の場面に心情や効果音的に入ってくるいわゆるインスト曲の部分の制作です。


「Long Caravan」

監督:七高剛(踊る大走査線「The Movie」「海猿」)
出演者:松本利夫(EXILE)中村竜、松尾敏伸、藤本美貴、三船美佳、瀬下尚人、泉谷しげる、森下千里、川平慈英、ほか
主題歌:「One story」/AILI tanx to May J & KEN THE 390

↓特設ページです。
http://www.exile.jp/info/news/20090704.html

笑いあり、涙あり、サーファー達の青春ロードムービー。
主演はEXILEのMATSUさん。監督は「踊る大走査線 The Movie」の七高剛さん。
ほかにも中村竜さんや、泉谷しげるさん、ミキティ、三船美佳さん、、、

この超豪華キャストだったので、仕事をやり終えるまで(自分の音楽がつかわれることが確実だと確認できるまでww)ブログにはかかなかったのだ。



ミクスチャー系からDrum'n Bass、Jazzy Hip Hop〜クラシック系まで場面にあわせたジャンルレスの全38曲。
ゲントウキの楽曲とはかなりかけ離れていますが、ラストシーンの「Country Road」は自分らしい曲です。
これらの38曲を7月の1ヶ月で書ききって、8月はブラシュアップをしていました。


以前、インストを作ったり、映像に音をつけたりしたものを、プレゼンしたりしていたのだが、こういったお話をいただけるとは夢にも思ってなくて、お話をいただいた時はびっくりしました。
インストということで構えたりもしたけど、モチベーションの方が大きく、終止楽しく製作できました。
終ったら全身筋肉痛でしたが。。。


機会を与えていただいたRhythm Zone有田さん、富野さん、七高剛監督、いろいろアドバイスいただいたスポット石井さんに心から感謝。本当にありがとうございました。



         続く。。。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »